家や土地を担保にお金を借りる不動産担保ローン

まとまったお金が必要な時は、自分の持ち家であれば家を担保にお金を借りることが可能です。そこで、家を担保に銀行からお金を借りる時の、審査の長さや使用目的などについて見てみましょう。

☆審査に時間がかかる
自宅や土地を担保にお金を借りるローンのことを不動産担保ローンと言います。不動産担保ローンに申し込めるのは、基本的にその不動産の名義人となりますが、銀行によっては申込者の家族が名義人でも借りられる場合があります。親の名義の持ち家を担保にお金を借りることも可能ということです。ただ、一般的なカードローンなどと比べて、不動産担保ローンの審査には時間がかかります。短く見積もっても2~3週間はかかると思ってください。場合によっては1カ月程度審査にかかって、結局却下ということもあります。急を要する人におすすめできるローンではありません。

☆使用目的は基本的に自由
不動産担保ローンの使用目的は基本的に自由です。カードローンは事業性資金に使用できませんが、不動産担保ローンなら銀行によってはビジネスにも使用できます。ただし、使用目的が自由だからといって、銀行から尋ねられた時にギャンブルや風俗などと答えると間違いなく審査に通りません。当たり障りのない理由を考えてください。なお、不動産担保ローンで借りられる上限金額は不動産の評価額に左右されます。最高でもその評価額の6~7割程度です。